スタッフブログ

2016.07.25

トーテム・イズ・総合芸術!

 日並です。
 
先日、自身のクリエイティブ強化を目指し、
話題のシルクドソレイユ新作「ダイハツ トーテム」を見に行ってきました。
 
今回のテーマはざっくりと、、、
"不可能を可能にする人類の進化"ということで、
なんとテーマが壮大なんだ!と
これをどう表現するのだ!と
演出のロベール氏への期待は膨らむばかりでした!が、、、
 
スタート直後に、このテーマは頭の中から出ていってしまいました。
 
というのも、集中すべきはやはり、人間の離れ技とその見せ方、だと感じました。
やっている演目はそんなに珍しい物ではなく、フットジャグリングや、一輪車、などなど
演目のほとんどが、どこかで見たようなものであって、もの珍しさは感じませんでした。
 
なのですが、見ていて単純に感動できるのは、その見せ方、だと感じました。つまり演出です。
単純なジャグリングでも、キャストをステージ上にどう配置して、
演技をスタートさせるまでの流れでどのような動きをさせて、
など、単純なものを単純に見せない、飽きさせない、演技以外でも驚きを与える、
などの工夫がふんだんにされているように思いました。
 
 
あとは視覚意外にも、、がすごかったです。
多分生オケで、演技中に流れる音楽なども臨場感がありました。スピーカーにも工夫があり、
音が自分の周りを回ってくるような演出がなされていたりと目を閉じていても多分楽しめます。
 
以外にも、照明、衣装、舞台装置、などなど全ての要素が“見せる”ためのものとして一貫していて
大げさなものなど何も感じず、キャストの演技をもり立てるためのものとして視覚と聴覚を刺激してきます。
 
これはまさに総合芸術!だと感じました。
映像業界も、映画などはそう呼ばれることもありますが、
映像の仕事をしていく上でとても演出の大切さを感じられた良い体験となりました。
 
皆様も演出に注目して、是非ご覧くださいませ。

2016.07.25

ハジメテ・ドゥ・ソレイユ

 映像部吉中です
 
大阪で開催中の
 
みなさんご存知の通り、
昔、木下大サーカスでピンスポを当てるバイトをしていた僕ですから
そりゃあシルク・ドゥ・ソレイユ、観ないわけにはいきません。
 
てなわけで、期待に胸膨らませ
いざ、テントの中へ…
これから観に行く方の為に内容は伏せておきますが、
 
片手であんなにブンブンされて…
あんなものに乗って足でアレをあそこに…
そんな高いところから大丈夫かいな…
 
人間の限界を超えたパフォーマンスの数々。
 
サーカスの古典的な部分を残しつつ進化したショーとして観れたのが良かったです。
 
あと、あれ
おそらくBGMは全編生演奏ではないでしょうか。
クラウンの動きにあわせてBGMが変化したり。
セットの裏で生バンドが演奏してましたね。
 
 
ただ。ただ、あえて苦言を言わせていただくと…
もっとダイナミックなセットなんかと複合的に絡み合うものかと想像していたのですが、
そういう公演ではなかったようです。。。
 
こりゃもう大儲けして、いつかベガスのショー観に行くしかないと思います。
 
▲入口にいるカメちゃんをパシャリ

2016.05.09

賞味100分の崩壊喜劇!

 小川です~

ゴールデンウィーク初日にシアターBRVA!で涙がでるほど大笑いしてきました!
バナナマンや東京03のコントを手掛ける構成作家オークラ氏が台本・演出の舞台
 
原作は2015年に英国オリヴィエ賞最優秀コメディ賞を受賞した
『THE PLAY THAT GOES WRONG』
現在もロンドンでロングラン上演中だそうです。
 
海外原作の舞台では珍しく、ストーリー、登場人物などを日本の設定にオークラ氏が
ハチャメチャに仕上げた
     賞味100分の崩壊喜劇!
内容は~
これまでまともな上演をしたことのない素人劇団が
「九条丸家の殺人事件」(殺人ミステリー劇)開幕初日に勃発するアクシデント。。。
それでもシリアスな芝居を必死に続けていくが~
というドタバタ劇中劇です(ドリフのコント的)
正直中味は。。。ないのかな~(笑)
ですが! 
笑いのツボがハマった大満足な舞台でした!!
 
で、思い出したのです!古い話ですが~
同じく涙しながら大爆笑した同じようなコメディーの舞台作品。
東京サンシャインボーイズの
「ショウ・マスト・ゴー・オン 幕を降ろすな」
※三谷幸喜さん原作
 
「一度開いた幕は何があっても途中で降ろしてはいけない」
このキャッチだけで想像できませんか!?三谷ワールド!
この作品で今を時めく三谷さんや西村雅彦さんなど舞台役者さんを知りました~
20数年前です。。。
ちなみに九条丸家にも出演されてた梶原善さんも出演されてます。
DVDとかないかな~と検索してると見つけました!!
なんとタイムリー!!近々DVDがでるそうです~
良かったら是非! お勧めです!!

2016.04.28

東京オフィスを開設しました!

東京オフィスの立ち上げに伴い、京都から東京へ上京しました、岡本です。

アッシュグループは、映像と空間デザインを通じて、
大阪を中心にクリエイティブでお客様の課題を解決してまいりました。

そんな中で多くのつながりを育むことができ、
本当にありがたいことですが、東京からのお声がけも多くなり、
「クリエイティブをお求めいただけるのであれば」という思いから
この度、東京オフィスを開設することと相成りました。

私事ですが、こうして東京オフィスを構えられたことを大変嬉しく思っています。
これからもっともっと精進し、東京オフィスを盛り上げていければと奮起しております。
より広い視野を持って、お客さま一人一人と親密に関わりながら、課題解決に携わっていければ幸いです。

アッシュプランニング 東京オフィス

東京都千代田区神田須田町1-23-1 プラティーヌ御茶ノ水408

東京駅のすぐ近くでありながら、都会過ぎない風情ある街。
すぐそばで流れる神田川の向こうには、“胸躍るメカ”がいっぱいの秋葉原も見えています。

オフィスの最寄り駅は「淡路町駅」です。
また、「秋葉原駅」「神田駅」からも歩いてこられます。

お仕事に限らずとも、お近くにお越しの節はどうぞお気軽にお立ち寄りください。
今後とも変わらぬお付き合いの程、よろしくお願いいたします。

2016.01.04

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」in コンサート2015に行ってきた!

小学校5年生の時に金曜ロードショーで初めて観た

あの衝撃を今でも忘れられない。

それ以来、ずっとずっとずっと・・・・
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
大・大・大好きな映像部伊藤です!

 
2015年はシリーズ1作目が公開されてから30年目の年、
そしてシリーズ2作目でマーティとドクが訪れた未来の年ということで
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にとって特別な年なんです。
 
その記念すべき年に企画されたのがその
というコンサート!
発表された瞬間にチケットを取り!
(※こんなにワクワクしながらチケットを取ったのははじめてでした)
チケットを手に、人生史上最高クラスのテンション
東京・有楽町 東京国際フォーラムまで行って来ました!
 
                    デロリアンも展示されていました!
 
このイベントは、コンサートと言いつつ
「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 1」を全編上映。
その映画音楽をすべて生でオーケストラが演奏するという超豪華なもの。
映画音楽界の巨匠アラン・シルヴェストリが元々のオーケストラスコアに加えて、
新たに約15分のスコアを作曲した特別版となっています。
そんなすごいコンサートを指揮するのはニコラス・バック
そして演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団。

 
映画が上映されてからもう絶妙のタイミングでオーケストラの生演奏です。

こんなに豪華な映画上映は初めてです。

すべてが見事にシンクロしていて、本当に素晴らしかったです。

 
パート1の放映をしながらのコンサートだったので、
聴けるのはPart1の曲だけなのかな~?と思っていた矢先、
粋な演出がありました!
20分の休憩を挟んだ後半戦、放映開始前にオーケストラが演奏したのは
Part3のテーマソング!
休憩のクールダウンを一気にヒートアップさせてくれました!
 
クライマックスの落雷&タイムトラベルのシーンでは
オーケストラもどんどん盛り上がります!
バック・トゥ・ザ・フューチャーの最高潮です!
 
これまで幾度となく観てきたクライマックスシーンですが、
生演奏での圧巻の迫力!
タイムトラベル成功時には拍手が巻き起こりました!

 
演奏が素晴らしく、そしてこの映画を何回も見ている自分と
その当時の自分を重ねてしまい・・
もう本当に素晴らしかったです!!
 


指揮者のニコラス・バック、
最後にホバーボードをギターのようにして抱えながら
帰っていったのが印象的でした。


 
演奏が終わった後のスタンディングオベーションが本当に鳴り止まず、
(※僕は涙が止まらず)いかに来場者がみんな楽しんだのかがわかりました。
 
今回の「映画上映+生演奏コンサート」というスタイル。
今後もこのタイプの公演は増えていきそうな雰囲気です。
 
本編終了後には、「E.T.」「インディ・ジョーンズ」
来年8月にやる!と発表されました!
「うそー!マジかよ!!!」と歓声が至る所で上がりました。
 
「E.T.」「インディ・ジョーンズ」ファンのみなさん!
ぜひ行ってみては!?

2015.09.26

蜷川実花×道後温泉 道後アート2015

映像部 谷口由佳です

1泊2日で 愛媛旅行にいってきました〜(・ω・` )
四国出身ですが、道後温泉に行くのは初めて!
 

去年に引き続き「最古にして、最先端。」をテーマに
道後を中心として展開されるアートの祭典です!
蜷川実花さんのアートで溢れる街
 
まず ホテルに入って
蜷川実花デザインの浴衣に着替えました!
(引用:http://dogo-art.com/art/yukata) 
 
スプレー菊と椿柄の2 パターンのカラフルな浴衣!
お揃い浴衣で街に飛び出すと
色んな人から声をかけられました!
 
すでに私も道後の広告塔!
 
 
街の至る所に 明るい鮮やかなデザインが溢れていました
 
  
 
日本三古湯の一つとして知られる道後温泉も
過疎化が進み、観光客が激減
そんな街を変えていきたいと 
当時31歳の地元の運営責任者・松波雄大さん
企画し、実現させたそうです
第一回の去年は約12億の経済効果だったとか!
 
集客ターゲットは「流行等に敏感な女性等」テーマは「アート」
地域活性のために再ブランディングを行う若き彼らの挑戦に
ターゲット層である私たちはもちろんのこと
様々な国の方や子供からお年寄りまで心打たれる空間へと変貌!!!
 
松波さんは「銭湯はコミュニケーションの場」とおっしゃっていました
 
浴場に足を踏み入れると
会話が飛び交い、地域の人の憩いの場
そして観光客の癒しの場が融合している空間と感じました
 
日々の出来事に疑問をもち
「こうすればもっとよくなるな〜」と思う事を
どんどん提案・行動を起こしていけば
もっともっとよくなるかもしれないし 
失敗するかもしれないけど でも 
動かないよりも全然スゴい!ってことを改めて実感した旅でした
 
私も、よりアウトプットできる人間になりたいです

2015.06.26

動画を科学する?動きのカガク展

塩野です。
東京ミッドタウンにある21_21DESIGN SIGHTで開催されている
「動きのカガク展」にいってきました。ピカピカの晴天(=´∀`)

この「動きのカガク展」は、私が敬愛するクリエーターの菱川勢一さんがディレクションをされている
インスタレーションで、「動き」がもたらす表現力に触れ、観察し、その構造を理解し体験することで、ものづくりの楽しさを感じ、科学技術の発展とデザインの関係を改めて考える展覧会です。

ベンツ・パテント・モトールヴァーゲン(レプリカ)

ジオラマに小型カメラをつけて運行させることで、その周りに置いた物のシルエットが浮かび上がります。

空気をしたから当てることで、ボールが浮き上がり、キャッチしたり戻したり・・・
キッズが喜びそうなトリッキーな動き。

シフォンのカーテンに光が走り、幻想的な雰囲気。空間演出にも使えそう。

まんなかに立ち、指を指すと、まわりの→がその方向をむいてくれます。

フラッシュライトが点滅する部屋の中に傘を持って入り、くるくるまわすと・・・
柄が違ってみえます。

多面体のミラーボールが開いたり閉じたりする事、また照射するライトの数を増やすことで
万華鏡の中のような雰囲気に。

ダンボールとピンポン球ですごい音が出るんです。

映像を使ったインスタレーションもありましたが、個人的には
デジタルじゃない、アナログの世界で動き、感じるシンプル且つ緻密なアイデアに興味深々!
何でも物は使いよう・・・固くなりがちな頭を柔らか~くして、いろんな垣根を超える
ところに、新しい発見があるんだろうなぁ。と感じた1日でした。

2015.04.27

美術館巡り第3弾

北吉です。

美術館巡り第3弾はあべのハルカス美術館で開催されている「川喜多半泥子物語その芸術的生涯展」を観て来ました。


東の魯山人、西の半泥子と言われるぐらいの芸術家です。

彼の生涯は三重県、津の商家に生まれ、銀行の頭取を務めるなど実業家として活躍する傍ら、陶芸や写真、書画俳句等に豊かな才能を発揮しました。

端正な顔立ち、自由奔放な作品、生き方全てが〝粋″を感じさせられます。

「無茶 ありのまま」を愛した偉大なる趣味人 川喜多半泥子

感動せずにはいられませんでした。

5月10日までですので一度足を運んでみてはいかかですか?

2015.04.14

劇団四季ミュージカル「ライオンキング」

 劇団四季ミュージカル

「ライオンキング」を観てきました。
 
ディズニーアニメでおなじみの「ライオンキング」
ミュージカルでどう生まれ変わるのか?
ブロードウェイの上演では、トニー賞グラミー賞などで数々の賞歴を持つお墨付きだ。
しかし、その舞台はアフリカのサバンナ。
あの壮大なスケールで展開するストーリーを、ステージという限られた空間で
どのように表現するのか?
動物が主人公の物語をどう擬人化するのか?
滑稽にはならないのか?
パンフレットによれば「天才舞台芸術家 ジュリー・テイモア」
 
≪日本の文楽や歌舞伎、インドネシアの影絵といったアジアの伝統芸能を融合した
マスク(仮面)やパペット(人形)を使用したユーモラスな手法で応えた≫
 
とあるが…
 
 
いざ、開演!!
 
 
おお、そう来たか!すばらしい!!
 
それは単に着ぐるみが演技するのではなく、
役者が普通に表情を持って演技をすると、
身にまとった仮面に意思が乗り移る感覚。
 
明らかに演者とパペットは別物のはずが、自然と一体感を織りなす不思議な衣装。
サバンナの壮大なスケール感は、
立体的なセットを光と影で空間に融合させた見事なもの。
それらが速いテンポで幾つも展開することで、
私は決して飽きる事無く、どんどんその世界に引き込まれていきました。
 
終演では皆スタンディングオベーションで、賞賛の嵐!!
 
ああ、なんと言う爽快感!
 
 
私たちのように、ロケーション映像で表現、伝える立場からすると
「舞台上」という、一見制約を感じる舞台演出。
しかし演劇の世界も映像業界同様、日々進化しているようだ。
そしてそこには
アイデア次第で無限の可能性が生まれるのだということ。
改めて実感させられる作品でした。
 
 
映像部 井上

2015.03.13

美術鑑賞

大阪市立美術館で日展(日本美術展覧会)が催されています。

この機会にと思い行ってきました。

日本画、洋画、彫刻、書、工芸美術が展示されており、総作品数は564作品もあるのです!

知識は無くとも、好みかどうかで見ることはできます!

しかし、楽しみに張り切っていた割には、展示数の多さに疲れてしまいへとへとになりました。

(作品の撮影は出来ないのが残念です)

美術館の建物は古く、外も中も歴史を感じる佇まいです。その空間で芸術作品を見るのは良いものでした。

 

                                          木村

Page top