スタッフブログ

2016.01.04

「バック・トゥ・ザ・フューチャー」in コンサート2015に行ってきた!

小学校5年生の時に金曜ロードショーで初めて観た

あの衝撃を今でも忘れられない。

それ以来、ずっとずっとずっと・・・・
映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー」
大・大・大好きな映像部伊藤です!

 
2015年はシリーズ1作目が公開されてから30年目の年、
そしてシリーズ2作目でマーティとドクが訪れた未来の年ということで
「バック・トゥ・ザ・フューチャー」にとって特別な年なんです。
 
その記念すべき年に企画されたのがその
というコンサート!
発表された瞬間にチケットを取り!
(※こんなにワクワクしながらチケットを取ったのははじめてでした)
チケットを手に、人生史上最高クラスのテンション
東京・有楽町 東京国際フォーラムまで行って来ました!
 
                    デロリアンも展示されていました!
 
このイベントは、コンサートと言いつつ
「バック・トゥ・ザ・フューチャー Part 1」を全編上映。
その映画音楽をすべて生でオーケストラが演奏するという超豪華なもの。
映画音楽界の巨匠アラン・シルヴェストリが元々のオーケストラスコアに加えて、
新たに約15分のスコアを作曲した特別版となっています。
そんなすごいコンサートを指揮するのはニコラス・バック
そして演奏は新日本フィルハーモニー交響楽団。

 
映画が上映されてからもう絶妙のタイミングでオーケストラの生演奏です。

こんなに豪華な映画上映は初めてです。

すべてが見事にシンクロしていて、本当に素晴らしかったです。

 
パート1の放映をしながらのコンサートだったので、
聴けるのはPart1の曲だけなのかな~?と思っていた矢先、
粋な演出がありました!
20分の休憩を挟んだ後半戦、放映開始前にオーケストラが演奏したのは
Part3のテーマソング!
休憩のクールダウンを一気にヒートアップさせてくれました!
 
クライマックスの落雷&タイムトラベルのシーンでは
オーケストラもどんどん盛り上がります!
バック・トゥ・ザ・フューチャーの最高潮です!
 
これまで幾度となく観てきたクライマックスシーンですが、
生演奏での圧巻の迫力!
タイムトラベル成功時には拍手が巻き起こりました!

 
演奏が素晴らしく、そしてこの映画を何回も見ている自分と
その当時の自分を重ねてしまい・・
もう本当に素晴らしかったです!!
 


指揮者のニコラス・バック、
最後にホバーボードをギターのようにして抱えながら
帰っていったのが印象的でした。


 
演奏が終わった後のスタンディングオベーションが本当に鳴り止まず、
(※僕は涙が止まらず)いかに来場者がみんな楽しんだのかがわかりました。
 
今回の「映画上映+生演奏コンサート」というスタイル。
今後もこのタイプの公演は増えていきそうな雰囲気です。
 
本編終了後には、「E.T.」「インディ・ジョーンズ」
来年8月にやる!と発表されました!
「うそー!マジかよ!!!」と歓声が至る所で上がりました。
 
「E.T.」「インディ・ジョーンズ」ファンのみなさん!
ぜひ行ってみては!?

Page top