Topics

2018.11.20

公共動画/環境省 近畿地方環境事務所

環境省 近畿地方環境事務所様の「西大台利用調整地区事前レクチャービデオ」の制作を担当しました。
~奈良・吉野熊野国立公園 大台ケ原 利用調整地区とは~


吉野熊野国立公園大台ヶ原は、トウヒ林やブナ林など、紀伊半島では少なくなった貴重な森林生態系が残る地域です。トウヒ群落を主とする「東大台」に対し、「西大台」はウラジロモミ-ブナ群落が主となっており、静寂で原生的な雰囲気を体験できる地域となっています。 しかし現在、大台ヶ原は様々な要因により森林などの衰退が進んでおり、西大台地区においてもその兆候がみられることに加え、今後の利用者の増加による様々な影響が懸念されています。 そこで、西大台の美しい自然環境を守り、将来にわたり静寂で、豊かな自然を多くの方々に楽しんでいただけるように、西大台地区を利用調整地区に指定しました。(参照:環境省公式サイト

入山に伴い、自然保護と入山者の安全の観点から、事前にレクチャーを実施。
そこで使用される動画をインバウンド(英語、中国語、韓国語)の3言語で制作しました。

Page top